One hit One kill

FPSと格闘技全般について綴る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総合格闘技としての戦い方

10年前の総合格闘技は足し算の戦い。

ボクシング技術の高い選手が勝つ為にテイクダウンされないようにレスリング技術を足す。

グラップラーが組みやすくする為にボクシング技術を足す。

相手より一つでも引き出しを増やす為に他競技の技術を足していった時代。

これが足し算の格闘技

近年の総合格闘技は基本的スキルである打・投・極の全てが一定スキルに達してないと勝てない。

どうやって試合を組み立てるか?

相手の良い技術を潰すことによって勝機を見出だす。

全てを引いた結果の末に残る技術で勝つ。

引き算の格闘技実践してる良い例はヒョードル

対戦相手の良い部分を消して勝つ。

結果は判定勝ちもあるが引き算の格闘技の見本。

対ミルコ戦

対ノゲイラ戦

この二人も突出した技術があるが良い部分が完全に消されてる。

GSPの戦い方だってそう。

基本的にUFCは打・投・極のレベルが高くバランスが良い。

日本総合格闘技は足し算しか出来ない選手が多すぎる。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sudeentokakutou.blog108.fc2.com/tb.php/27-7fde765e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

Support

artisan_banner.png

リンク

QRコード

QR

検索フォーム

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
5730位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
PCゲーム
763位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。