One hit One kill

FPSと格闘技全般について綴る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青木と自演、どうして差がついたのか…慢心、環境の違い

技術的な事に少しだけ振り返る
予想外に緊張感のある試合になり、結果も予想外で戦前から青木の絶対有利を予想したが自演乙の膝が青木の顎を捉え終了

1Rは予想以上に打ち合わない青木にイライラが募る自演乙の構図

ムキになりパンチ一辺倒の自演乙対しタックル紛いのクリンチワークと掛け逃げの蹴り技で終始打ち合わないまま1Rを終える

本来なら熱くなりパンチ一辺倒の相手ならカウンターも入りやすくなるが青木は逃げを選択したのがこの試合の分岐点なのかもしれない

2R、開始早々青木はタックルを選択

青木は自分のターンに入り完全に舐めていた

1Rと違い自演乙には逃げ様の無いルールで青木は寝かせれば勝ちの状況

そして不用意にタックルに入りカウンターの膝を喰らい失神負け

本当に不用意

青木の本来のタックルは打ち気で来る相手に合わせてタックルに入る

それは1Rで見せた動きが青木の持ち味

打ち気にさせる為にジャブ、ミドルを打ちフェイントを織り交ぜ誘うのがセオリーで青木はそれが巧い

しかし青木は不用意に距離を縮めてタックルに入ったが為に出方を見ていた自演乙の膝が合った

去年の世相を表すかのような行動

慢心が原因で朝青龍が引退し海老蔵がボコられ青木が失神
本人を取り巻く環境が悪いのか、そもそもが馬鹿なのか知らんが、この失態の代償は大きい

これが他のトップ選手ならまず取りこぼす事はないだろう

青木がコアなファン層に受け入れられないのはこういう精神的弱さの部分なのかもね

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sudeentokakutou.blog108.fc2.com/tb.php/222-4a960a48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

Support

artisan_banner.png

リンク

QRコード

QR

検索フォーム

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
3314位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
PCゲーム
465位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。