One hit One kill

FPSと格闘技全般について綴る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋山成勲vsヴァンダレイ・シウバ考察

7月4日のUFC116にある秋山成勲vsヴァンダレイ・シウバを考察してみる。

まずはシウバ不利と予想。

スタンドでのボクシングが中心の攻防となるはず

秋山のボクシングテクニックは脇を締めてシャープで直線的なパンチを打てる選手。

対するシウバのスタイルはダッチムエタイを彷彿させる構えでフック中心のパンチ。

両者がヨーイドンでパンチを打てば先に当てるのは秋山です。

前回のアラン・ベルチャー戦はシャープなジャブを見切れずかなりの数を被弾してましたが、シウバにはこのシャープな打撃が無いので距離を間違えなければ問題ないでしょう。

で、距離なんですがシウバはゴリゴリ前に出てくる選手。

ここはフィジカルが左右する場面ですが、秋山は前回ベルチャーの圧力に苦戦はしたもの負けてはいなかった。

焦らず、距離を保てば判定で秋山の勝ちとなるでしょう。

グラウンドの攻防は拘らずスタンドでの展開を両者選択するはずでここは特に差は出ないと思います。

とにかく秋山は際での乱打戦さえ付き合わなければ勝てるでしょう。

久々にUFCが楽しみで仕方がない。






コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sudeentokakutou.blog108.fc2.com/tb.php/139-ac934f87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

Support

artisan_banner.png

リンク

QRコード

QR

検索フォーム

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
7335位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
PCゲーム
1001位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。