One hit One kill

FPSと格闘技全般について綴る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アレクセイ・イグナショフ

久々にK-1に登場。

絶対王者のシュルトに完勝してる数少ない選手のはず。

イグナショフを観なくなるまでの数試合はキレが無かった様に思う。

それは練習環境が悪いのかトレーナーが悪いのか、当時は残念に思っていた。

で先日の谷川EPのコメントで干してた発言。

メジャーイベントでの公の場で干す発言には驚き。

しかもアル中だった様子。

【K-1】4・3アリスターがシュルト戦拒否の真相、アル中から立ち直ったイグナショフ

年齢的に脱線せず、真摯に格闘技を続けていたら今頃どうなっていたんだろうとイグナショフには少し幻想がある。

バダ・ハリもショータイムでシュルトに1RKO勝ちをしているが結局はトーナメント決勝で返り討ちにあっている。

今、シュルトに完勝出来るイメージがあるのはイグナショフとハリトーノフだけだろう。

そんなイグナショフの復帰戦がバダ・ハリ

現エースと元エース

こんなリスキーな試合を組む谷川EPのセンスを疑う。

観たい試合ではあるが今ではない。

ハリが引導を渡すか、イグナショフが返り咲くのか興味はある。
スポンサーサイト

 | HOME | 

Support

artisan_banner.png

リンク

QRコード

QR

検索フォーム

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
8829位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
PCゲーム
1233位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。